私たちのブログ

100STRIVEbanner1jp ストイブは、フィットネスの本場である米国でも高い評価を得ています ワンタッチで負荷のピークをコントロールできる「スマートストレングス」を搭載。様々なニーズに合わせたトレーニングが可能になります。 マシンを使って20回×5セットのウェイトトレーニングをするつもりだったのが、3セットが終わったあたりで辛くなる時、どうしてますか? 20回を15回に減らす、ウェイトを減らす、最悪3セットで終わらす・・・どれも納得がいかないですよね。そんな悩みを解消してくれる素晴らしいマシンの存在を知ったのでここに書きたいと思います。 100STRIVEbanner2jp   その名もSTRIVE(ストライブ=努力する)! ウェイトが動作のどの時点で強くなるかを調整するレバー(カム)を搭載しており、狙い通りのトレーニングができるという画期的なマシンなんです! 動作の時点とは大きく分けて③動き出し、①中間、②最後のこと。 一般的なマシンや、フリーウェイトを使ったトレーニングでは①、ウェイトの筋肉に対するウェイトの負荷抵抗が最も強くなるのは筋肉を伸ばしたり縮めたりする最中となります。図中の腕の写真を見ていただきたいのですが、これって一番辛い角度・状態ですよね。疲れると続きません。 そこで、動作の最後、関節が一番辛いと感じる位置よりも後に負荷がかかるように調整します。(図②)すると、無理せずできるところまでウェイトを持ち上げて戻し、トレーニングを続けることができます。リハビリや高齢者などにも向いたトレーニングとなります。 逆にもっと刺激が欲しい!と感じれば動作の最初にピークが来るようにします。(図③、「うっ」て声がこぼれるかと思います) このように動作の中で負荷がピークとなる時点を調整することによって、同じ筋肉でも鍛えられる箇所を微妙に変えることができて、トレーニングの効率が向上するのです。 STRIVEは1989年から続く米大手フィットネスマシンメーカーですが、その医療器具ラインはディスカバリーチャンネルで世界の医学の進歩の「最先端」の一つとして紹介されたこともあります。 100STRIVEbanner3jp
100materiaanderson1

シェイプアップ成功!~お客様体験談特集~

有酸素運動は脂肪を燃焼してくれますが、筋力トレーニングは基礎代謝を上げ痩せやすい身体を作り、また目的の部位を引き締めてくれます。会員さん、シェイプアップ・エクササイズを始めたばかりの頃はちょっとだるくて、もうやめてしまおうとか思いがちですが、大切なのは継続することに関して、パーソナルトレーナー(マンツーマン)でトレーニング指導を行います。 トレーニングに関する事や健康管理についてが指導及びアドバイスを一般の方からトップアスリートに関わらず行います。 ダイエットをしている時だけではなく、生活の一部としてエクササイズを取り入れて楽しみながら続けるのが理想です。しばらく続けていくと自分の身体が少しずつ変化していくのがわかります。その少しの変化でも感じとれれば、うれしくて続ける気が湧いてきます。そして自分の身体が変わっていくことが楽しくなってきます。やがて、もう運動をしないと気持ち悪い・スッキリしないと思うぐらいになればしめたものです。 100materiaanderson2

9日間で「特徴ダイエット」やった! やり抜けました! 効果的なダイエット/シェイプアップ について

ご理解して頂きたいのは、体脂肪を燃焼して体重を落としたり、体のラインを整えたい場合、食事制限やその他の代謝アップの工夫を行うとともに筋力トレーニングを取り入れて、特に下 半身の筋肉を大きくして基礎代謝を向上することが効果的です。運動だけ、食事制限だけでダイエットをするのはやめておきましょう。リバウンドしない安全なダイエットを目指しましょう。 体は水分、タンパク質、脂肪、無機質などの主要成分が一定の比率で構成されてできています。これらの比率が崩れてしまうと、代謝能力が低下して返って太っ てしまうばかりか、様々な健康を害することになってしまいます。 体成分のバランスを保ってダイエットや減量することで、健康的に体重を減らし体を引き締めることになります。体水分、筋肉、除脂肪の比率は比例して減りますが、 体脂肪量は反比例します。体脂肪量が増えると除脂肪量が減り、体脂肪量が減ると除脂肪量が増えるということです。
100ZOALINSEY19月13日「MX FUSION GYM」で、IFBB世界トップクラスの「ゾア リンジー」によるスペシャルトレーニングセミナーを開催しました!! ZOASEMINARbanner1 本セミナーの題目でもある「食事&トレーニング・マネジメントは変わる、アスリートにとってはどうかわるか」をテーマにお話しいただきました。 ZOASEMINARpart13